2014年10月8日水曜日

Football Manager 2015 発売前情報まとめ

今年も冒険せずに Steam で予約しました。今作では SI Insider という公式の値引きキャンペーンがあったのですが、欧州セガストアからの購入に限定ということで我々にはあまり意味がなかったです。

推測混じりのところはそれと分かるように書いておきます。情報が更新され次第、追加していく予定 (2014-10-18)


https://www.youtube.com/watch?v=LIPhF0_S0pQ

  • 発売日は11月7日
    • 事前予約済みの場合、発売日の2週間前からベータ版を遊べる
    • デモ版はおそらく発売日の1週間前から配信
  • Twitch と提携し動画配信を容易に
  • 選手とスタッフをあわせ58万以上の過去最大のデータベース
  • ゲームをリアルに近づけるため500人以上のプロサッカー選手からのフィードバック提供を受けた

インターフェースの刷新

  • サイドバーの追加で階層の深いメニューへのアクセスが容易に

ゲームスタート時の監督スタイルの設定

  • tracksuit manager 寄りか tactical manager 寄りの選択
    • tracksuit : いつも選手たちとグラウンドで汗を流す
    • tactical : 戦術面の向上を試みる
    • (推測) 選手個々の向上か戦術理解度、どちらに重心を置くか
  • コーチライセンス取得の有無を選択
  • 自分の能力値の設定
  • 言語、「好きなクラブ」を複数設定可能

FM09 以来の 3D モデルの大刷新

  • 最先端のモーションキャプチャーデータを導入し2000以上のアニメーションの向上
  • 新たな光源モデルによる天候の再現度
  • スタジアムとその周辺のディテール再現

選手の「役割」を4つ追加

  • roaming playmaker : (推測) MC/DMC の役割、タスクはサポート。deep-lying と advanced playmaker の中間的な役割だと思われる
  • raumdeuter : (推測) ACR/L の役割、タスクは攻撃。ドイツ語で「スペース開発」的な意味。トーマス・ミュラーを表すときによく使われる
  • inverted wing back : (推測) DR/L,WB の役割、タスクはサポート。普通のウィングバックやサイドバックより中に切り込みやすい。南米系のサイドバックやウィングバックをモデルにしているとか
  • wide playmaker : (推測) ACR/L の役割、タスクは攻撃・サポート。inside forward よりも自由度が高そう

「プレイスタイル」 (Preferred Moves) の追加

  • penalty box : ボールを受けるために下がったり開いたりせずペナルティボックス内で常にボールを受けようとするストライカー
  • refrains from shooting from distance : (推測) ロングシュートを控える
  • likes to throw the ball long to start counter attacks : (推測) カウンターの起点となる長いスローイングを好む GK

より効果的、現実的なスカウティング

  • ポジション、年齢など様々な要素でフィルタリングして割り当て可能
  • スカウト知識やネットワークの広さに応じて選手の能力値は空白ではなく数値の範囲で示されることがある、星の数も同様
  • 割り当てが非効率な場合スカウト側から他の地域や大会の提案がある
  • 地域ではなく特定の国を割り当てられる
  • 割り当ての際、スカウトの能力値が表示されるため判断が楽
  • 特定の選手を期間を指定してスカウティング可能
  • リポートにスカウトによる「賛否両論」セクションの追加
  • 選手のスカウトレポートが刷新され、試合後のパフォーマンスだけでなく、性格や幸福度、チームに馴染めるかどうかなどの比較考量も行われる

より高速でスマートな検索

  • インターネットブラウザのように検索バーをトップに配置
  • 選手検索にスカウトフィルターを追加、スカウトレポートの比較が容易に
  • 選手検索のカテゴリに幸福度とホームグロウンが追加され検索とソートが可能に

選手への「働きかけ」の多様化

  • 試合中タッチラインからのチームトーク
  • 選手の性格や状況よる反応の変化と多様化
  • 同様の問題を抱える選手達とのグループトークの追加
  • 選手の移籍問題周りでより多くの駆け引きが追加

メディア対応の多様化

  • メディアに tabloid, broadsheet の属性を追加
    • tabloid : 大衆紙。扇動的な見出しが欲しがる
    • broadsheet : 一般紙。試合を戦術的アプローチで観察しサッカー分析を欲しがる
  • 回答の態度によって質問内容が変化。(例: 進退問題の質問に興奮気味で答えれば大衆紙系がしつこくほじくる)
  • トレーニンググラウンドや試合前後でのメディアのぶら下がりインタビューの追加
  • クラブのレジェンドからのコメントに対して反応が可能に
  • その他、様々な会話バリエーションが追加

新しいレギュレーションと財政関係の決まり事に対応

  • FFP や給与上限などの決まり事を反映
  • 次シーズンの予算が以前よりも早く知らされるようになった (5月?)
  • シーズン終了後にユニフォーム、スポンサーシップ、ショップ売上などのクラブの商業的側面をまとめて報告

監督の「歴史」と「プロフィール」パネルの刷新

  • ライバル監督や前任監督との比較、獲得カップ表示
  • マネージャータイムラインの表示

クラシックモード変更点

http://www.youtube.com/watch?v=9w1LENuG0Pw

  • クラシックモードとは: FM14 で追加された、ゲーム内の様々な手続きを簡素化しお手軽に FM を楽しむために作られたモード
  • データベースのサイズに柔軟な選択肢 (フルモードと同等の大きいデータベースを選択も可)
  • プレシーズンのスキップが可能 (移籍やトレーニングの煩雑さの軽減)
  • 以前は省略された全体、個人トレーニングを細かく設定可
  • 理事会への要求の選択肢の増加
  • チートを手軽に使用可 (終身契約、出場停止解除、対戦相手への毒盛り) (*使用した場合そのセーブデータはリーダーボードに反映されないと思われる)

その他

  • movember (11月の間、男性は髭をたくわえ男性特有の病気の認知度・健康意識を高めていこうというキャンペーン) 生成選手に髭が生える
  • マッチエンジンは継続方針で

最小システム要件

Windows
  • OS: Windows XP, Vista, 7, 8
  • Processor: Intel Pentium 4, Intel Core, AMD Athlon XP: 1.6GHz+ V/7/8: 2.2GHz+
  • Memory: 1 GB RAM
  • Graphics: NVidia GeForce FX 5900 Ultra, ATI Radeon 9800, Intel GMA X3100 - 128MB VRAM
  • DirectX: Version 9.0c
  • Hard Drive: 3 GB available space
Mac
  • OS: Mac OS X 10.6, 10.7, 10.8, 10.9
  • Processor: Intel Core 1.8GHz+
  • Memory: 1 GB RAM
  • Graphics: NVidia GeForce 7300 GT, ATI Radeon X1600, Intel GMA X3100 - 128MB VRAM
  • DirectX: Version 9.0c
  • Hard Drive: 3 GB available space
Linux
  • OS: Ubuntu 12.04 LTS Linux
  • Processor: Intel Pentium 4, Intel Core, AMD Athlon - 1.8GHz+
  • Memory: 1 GB RAM
  • Graphics: NVidia GeForce 7300 GT, AMD Radeon HD 2400 Pro, Intel HD 3000/4000 - 128MB VRAM
  • DirectX: Version 9.0c
  • Hard Drive: 3 GB available space

2014年8月4日月曜日

FM と全く関係のないチラ裏

ジュニアユースセレクション参加申込書で両親の身長を書く必要があるクラブ

J1 クラブ (2014)両親の身長項目の有無
仙台任意
鹿島×
浦和
大宮×
東京
川崎
横浜
甲府
新潟
清水
名古屋×
G大阪×
C大阪任意
神戸
広島×
徳島
鳥栖
J2 クラブ (2014)両親の身長項目の有無
札幌
山形
水戸
栃木
群馬
千葉不明
東京
横浜
湘南
松本
富山×
磐田
岐阜
京都×
岡山×
讃岐
愛媛
福岡×
北九州
長崎
熊本
大分

2014年8月3日日曜日

プレイスタイル解説ページ作成の報告とその補足

プレイスタイルについて書きました。
プレイスタイル解説
このエントリではその補足をします。

隠し的な PPM があります。以下のとおり

(できるだけ長くサッカーを続ける)
できる限り長くサッカーをプレイし続けようとする傾向、またそうするために下位リーグでのプレイも視野に入れる
(衰える前に引退する)
低いレベルでプレイするよりも全盛期のまま引退する傾向

設定はされているのは間違いないが動いているのかは不明。たぶん動いてると思う。

「プレイに時間をかける」と「プレイを止める」の違い

「プレイに時間をかける」は完全にアカンやつです。ただただネガティブにしか働かない。意図もなく時間を掛けがちになります。チーム全体で考えたとき偶然うまくまわる可能性はあるにしても、個人で考えたら完全なマイナススキル。

「プレイを止める」もはっきり言って同じようなもんだと思ってます。「プレイに時間をかける」より補正が弱いぐらいの認識で私はいます。

「足元にボールをもらうのを好む」について

動きながらボールを受けたりスルーパスを受けたり、そういうことではない模様。単純に頭や胸で受けたくないだけみたい。個人的には信じがたい。

「審判に抗議する」について

「ほぼ」マイナススキル。賢くてリーダーシップのある選手にこのスタイルが付いている場合チームに好影響をもたらす場合があるらしいが、自分は見たことないからわからない。

「速いロングスローを投げられる」について

これだけは「傾向」よりも「能力」といっていいかもしれない。

2014年8月1日金曜日

能力値解説ページ作成の報告とその補足

能力値についてのページを作りました。
能力値解説
本エントリではその補足やメモを書きます。

「安定度」について

「足にスランプはない」みたいな話です。下位リーグでスピードだけに特化したような選手が活躍しやすいのは、この安定度の影響がもろに出る好例と言えます。ただし安定度をゲーム中に確認する方法は限られてるし (スカウトレポートのコメント)、トレーニングや指導等で上げられる方法もありません (加齢と試合経験で最大で2ぐらいは伸びる)。「安定度」と「プロ意識」はこのゲームにおいて非常に重要な要素だけど、どちらもゲーム上に直接は表示されない。ツールプレイへの誘惑のひとつです (個人の好きに楽しめばいいと思う)。

「ヘディング」について

ヘディングの精度を表すものだと思っております。ヘディング以外の能力が全く等しい選手同士が競った場合、五分五分の結果になるのではなかろうか。ただ、サッカーには同地点から「せーの」でジャンプを競うバスケのジャンプボールのような状況はないわけで、仮定してもあまり意味がない気がします。競り合いの強さ (強靭さ、バランス) やらポジション取りやら予測やらも大事。話がそれましたが、ヘディング能力値が高いからといって打点が高くなるわけではないということです。

「ジャンプ到達点」について

身長が基準です。FM14 で「ジャンプ力」から「ジャンプ到達点」へと名称変更されました。以前から「ティム・ケーヒルのジャンプ力がクラウチより低いとかおかしいやろ!バグや!」→「何度説明すれば分かるんだよ・・」という展開が度々噴出していたのでわかりやすく名称変更したのでしょう。数値の考え方自体は FM10 から変わっていません。まず身長を参照に基準を定め、その基準からジャンプが得意か不得意かで ±2 の範囲で最終的な値が決定されます。

「空中能力」について

ハイボールのジャッジング能力なので空中到達点とは関係ないと思われます。でも、割と知られた話で「アウトフィールドプレイヤーのとってのジャンプ力とほぼ同義」である、つまり空中能力が高さは GK の空中到達点の高さである、とされていることも。

「支配力」について

以前はクロスボールに食いつくか食いつかないかを示す「傾向」だったのですが、FM11 からは単純にクロスボールに対応する能力の高さとなりました。でも、割と知られた話でエリア内での支配力、要するに守備範囲の広さとなどとされていることも。

「創造性」について

クリエイティビティとはいうものの、実のところは視野の広さだけを示すというけっこう限定的な能力値。夢のあるプレイは「ひらめき」の高さに委ねられます。

PK ストップについて

以前は GK の隠された値として「ペナルティセービング」という能力値が設定されていましたが FM10 で廃止となりました。現状どうなってるかはあちらに書いたとおりです。

おわりに

色々書いたし色々調べたけれど、結局それぞれの数値がゲーム内でどう使われてるかはシリーズ毎、もっといえばパッチ毎に違うだろうしなんとも言えない。断言するには矛盾が多すぎるんですよ。たとえば、「身長は飾りだ」論で言えば、SI のフォーラムで中の人も言ってる話だし、最新のリサーチャー資料にも同じようなことが書いてあったりする。その一方でオンラインマニュアルでヘディングの項目を見てみると

This is a player's competence in aerial situations. Heading applies to all situations and is only about the player's ability to head the ball well. Jumping (and to a lesser extent Strength) plays a big part in combination with heading to utilize the attribute to a greater level, as well as a player's height. http://www.footballmanager.com/manual/index.php?id=558

「身長も関係あるよ」と言ってる。何なんですかいったい。また、恐ろしいことに他言語のマニュアルの同項目には身長の記述が全く無かったりする。

だからいつも思うんです、こういうときはサッカー脳で処理して考えようと。FM は現実のサッカーをシミュレートすることを標榜してますし、これからもその努力を続けていくことでしょう。それならば、仮に「創造性」が実はファンタジスタ的な要素も請け負っていましたとか、「安定度」は実は機能していませんでしたとか、そんなのは小さな問題だ。細かい数字ばかりを気にしてサッカーができるか。大局的に見れば、負けるのは自分の戦術が間違っているからだし、ミーティングで選手全員にキレられたり面識のない監督にディスられるのは自分の人望の無さだし、要するに全部俺が悪い。

とはいえ、個人的には「ゲームはゲームだしプログラム上で数値がどういうふうに使われてるか知りたいじゃん」というのがいつも根っこにあるタイプなので興味は止まらんですね。

能力値について書かれた他サイトさま

2014年7月10日木曜日

sortitoutsi への会員登録と Facepack と Logopack のダウンロード

現状 Facepack と Logopack で最も人気があり素材が充実している (と思われる) Cut Out Player Faces MegapackMetallic Logos Megapack の総本山である sortitoutsi への会員登録とそれぞれの Mod のダウンロードの道筋についてメモ。

sortitoutsi で会員登録をする

画像をクリックすると大きくなります。

登録が終わると Account Settings というページに飛びますが特に何もしなくてOK。同時に登録時に指定したメールアドレスにメールが届いてるはずなので、メール本文中の "visit this link to do so:" の後ろにあるアドレスをクリックしてください。"Your account has been activated" と書かれたページに飛べば登録完了。

Facepack と Logopack をダウンロードする

素材量が膨大なため新規導入には torrent を使った導入をおすすめします。torrent についてはここでは説明しませんが μTorrent (uTorrent) 等で検索をすると説明しているサイトが多く存在するので割愛します。

サインインした状態のまま Football Manager Cut Out Facepack - Cut Out Player Faces Megapack へ飛びます。ページ下部に torrent ファイルをダウンロードできる箇所があるので "Complete Pack - 6.0" をダウンロードします。

あとは BitTorrent クライアントを起動し先ほどダウンロードした "Cut-Out Faces Megapack 6.0.rar.torrent" でモリモリ落ちてくるはずです。落とした rar ファイルを解凍し C:\Users\(ユーザネーム)\Documents\Sports Interactive\Football Manager 2014\graphics 以下に置きます。

torrent を使わずアップローダから落とす場合は Part 1 から Part 22 までの分割ファイルをひとつずつダウンロードした後、解凍結合してください。フリーアカウントで落とすかなり時間がかかるはずです。

Metallic Logos Megapack も torrent ファイルが配布されています。ページ下部に "Complete Pack - 2014.1" があるので同様にダウンロードしてクライアントで落とします。

アップデートファイルの当て方

大事なことは 6.1 から 6.8 (2014/07/09 現在) まで一つ一つダウンロードすること、そして、解凍後は Update Pack の若い番号から順に graphics フォルダ内に上書きしていくことです。最新の Update Pack (ここでは 6.8) を当てただけでは正常に画像が適応されません。Metallic Logos Megapack も同様で若い番号から順に上書きします。

画像の反映方法

キャッシュが残っているとゲーム内で画像が反映されないことがあるため、ゲーム設定からインターフェース -> キャッシュのクリア -> スキンのリロード、という工程を忘れないこと。

おわり

けっこう面倒な作業ですが、Facepack は次回作にも流用ができるので頑張っておけばあとで楽になると思います。また、ここでは紹介しませんが Kitpack や Soundpack 等、面白い Mod がたくさんあるので試してみたらいいと思います (時折バグの原因になるけど・・)

2014年3月1日土曜日

Football Manager 14.3.0 更新

http://www.sigames.com/news/14337/ 冬移籍を反映した更新です。マッチエンジンや大会ルール、バグもろもろ修正されています。個人的に気になったのはブンデスの外国人天国が修正されたという点。マッチエンジンはまだ遊んでないからわからない。

移籍を反映したデータベースを使用する場合、新規ゲームで14.3を選択すること。また「2月1日以降の移籍や超短期の期限付移籍は漏れている」と書いてありますが、2月以降のディアマンティ (ボローニャ -> 広州恒大へ完全移籍) やジュリオ・セザール (QPR -> トロントへ期限付き移籍) は反映されていました。まちまちのようです。大迫は1860に入ってました。丸岡満 (Dortmund II)、長澤和輝 (Koln II) もいました。

取り急ぎ日本語化スキンを作ったので置いておきます http://www.mediafire.com/download/555ju527fc580x0/skins1430j.zip

追記: 日本語化へ向けて覚書

  • skins.fmf を置き換える
  • C:\Program Files\Steam\steamapps\common\Football Manager 2014\data\db\1430\lnc\all の中身を消すか移動する
  • C:\Program Files\Steam\steamapps\common\Football Manager 2014\data\db\1430\edt の fake.edt を消すか移動する
  • FM2014 おまけファイルセットの CompName_J2014.lnc を C:\Program Files\Steam\steamapps\common\Football Manager 2014\data\db\1430\lnc 以下に置く
  • FM2014 LTC&マッチイベントの日本語化 ltc を C:\Program Files\Steam\steamapps\common\Football Manager 2014\data\languagesC:\Program Files\Steam\steamapps\common\Football Manager 2014\data\updates\update-1430\languages\changes へ上書きする

2014年2月15日土曜日

サイト紹介: 未収録リーグまとめサイト

Football Manager Databases

本体に収録されていない各国リーグのデータベースを集めたサイト。The Away Stand が作っているようです。カスタムルールが正確なのかはわからないけどビジュアル的に楽しい。